サラリーマンが副業を行う!メリットとデメリット4つ紹介!

サラリーマンが副業を行う!メリットとデメリット4つ紹介!

1.長引く不景気が副業の背景に

空いた時間に副業をするサラリーマンが増えています。その形態はさまざまあることでしょう。
かつてなら、コンビニエンスストアや飲食店など、就業時間外でアルバイトをするサラリーマンも多かったのではないでしょうか。

それが、現代では、そうした外で働かなくとも、自宅にいながら副業ができる時代となりました。インターネットの普及と発達で、手軽に副業ができる時代となったのです。
これがサラリーマンの副業を後押ししている要因といえるのではないでしょうか。

2.サラリーマンの間で人気のネット副業

手軽にできる、インターネットの副業として、サラリーマンにも人気があるのが、インターネットオークションではないでしょうか。
その代表例ともいえるのがヤフーオークションです。だとえば、自宅に眠ったままの不用品を出品すると、意外な価格で落札されることも珍しくありません。

また、中古販売店やリサイクルショップで安く仕入れたものを、利益を乗せた価格でオークションにかけることもできます。
このような価格差を利用して、利益を上げているサラリーマンも少なくないようです。

ネットオークションのほかにも、アマゾンのマーケットプレイスやebayなど、インターネットで手軽に販売できる手段が増えています。
また、物品を販売するだけでなく、ブログに広告のリンクをはりつけて収益をあげるアフィリエイトなどもサラリーマンに人気の副業となっています。

3.副業禁止の会社も多く

しかしながら、就業規則などで副業を禁止している会社も少なくありません。
その理由として考えられるのは、会社の本業に支障が出てしまうことではないでしょうか。

たとえば、副業に力を入れるあまり、本業がおろそかになってしまっては社員を雇っている会社にとって損害となります。
また、本業と副業が競合する場合も考えられなくはありません。

この場合も、会社の利益に反するため、副業が禁止されていることが多いようです。
また会社の利益に影響することではなくとも、副業によって勤務先の情報が漏れてしまうリスクもあります。

こうした背景もあり、副業を禁止する会社も少なくないようです。

4.副業のメリットと注意点は

会社に損害をもたらす可能性がある副業も、デメリットばかりではありません。
たとえば、副業によってサラリーマンの本業につながるスキルが身につくこともあります。また、サラリーマンにとって視野が広がるという可能性もあるでしょう。

現在では、副業を禁止する企業が少なくないものの、今後の経済情勢によっては、給与を削減する代わりに、副業を解禁する可能性も考えられます。
大企業を除いて、サラリーマンの給与は将来的にダウンすることが予想されます。

そうした場合に備えて、副業のスキルを身に着けておくことも大切なのかもしれません。
ただ、就業規則で副業が禁止されている場合には、おおっぴらに副業をするわけにもいかないでしょう。

まとめ

もし会社から解雇されてしまっても、憲法上の職業選択の自由によって、解雇が無効になったケースもあります。
しかしながら、裁判を起こすとなると、裁判費用も判決が出るまでの日数も相当程度を覚悟しなければなりません。

そうしたリスクを考えると、副業は慎重に行う必要があるのではないでしょうか。ありがちなのが、うっかりと副業のことを同僚に漏らしてしまうことだといわれています。
副業がレールに乗ると、誰かに話したくなることもありうるでしょう。ただ、そうした話がどこから漏れるかわかりません。

サラリーマンとして働いている以上、情報管理はしっかりすべきであることも頭に入れておく必要があるのではないでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ